おすすめ記事 暮らし

管理人がみなとみらいに住むのを決めた10個の理由【みなとみらいの街の魅力を再発見】

おすすめ記事 開発・建設

横浜・みなとみらい周辺地区の再開発マップ~新スポット・新ビル・工事状況などまとめて紹介!

おすすめ記事 お知らせ 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい線馬車道駅直結の新たな商業施設「北仲ブリック&ホワイト」が開業予定!飲食店など19店舗

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい60・61街区「ニッサン パビリオン」の開発・建設状況について~2020年初夏に期間限定オープン予定!

おすすめ記事 開発・建設

みなとみらい47街区「コーエーテクモ本社・東急REIホテル・Zepp」の開発・建設状況について

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」・「横浜ベイコート倶楽部」の開発・建設状況について~みなとみらいに新たなホテルが誕生

おすすめ記事 開発・建設

みなとみらい20街区「パシフィコ横浜ノース」の開発・建設状況について~国内最大級のMICE施設が誕生!

おすすめ記事 開発・建設

みなとみらい・キングモール橋(歩行者デッキ)の開発・建設状況について

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい21地区58街区「横濱ゲートタワー」の開発・建設状況について

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい21地区44街区「ウェスティンホテル横浜」の開発・建設状況について

観光・エンタメ

横浜開港資料館で横浜の歴史を知る~子連れで訪れたいおすすめの観光スポット~

Pocket

横浜開港資料館で横浜の歴史を知る~子連れで訪れたいおすすめの観光スポット~

みなとみらいで横浜の歴史を知ることができるおすすめの観光スポット「横浜開港資料館」を紹介します。

横浜開港資料館では幕末・開港期から昭和初期までの横浜の歴史に関する資料を展示・公開していて、横浜の歴史を知る上では欠かせない文化スポットとなっています。

 

また常設展示の他にも年4回に企画展も開催していて、私が訪れたときは「町会所から市役所へ―古地図と古写真に見る横浜の歩み―」という企画を行っていました。

建物自体も英国総領事館だった建物で、古き良き横浜の建築としてこちらも見逃せないですよ!

ぜひ子連れで訪れたいスポットですね。

横浜開港資料館

横浜開港資料館があるのは、横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩2分のところです。

近くにはキングの塔として知られる神奈川県庁の本庁舎などがあり、横浜の官公庁街として知られています。

近くには他にもクイーンの塔と呼ばれている横浜税関もあります。

横浜税関(クイーンの塔)で税関業務を疑似体験!?~みなとみらいおすすめの観光スポットを紹介!

横浜税関(クイーンの塔)で税関業務を疑似体験!?~みなとみらいおすすめの観光スポットを紹介! みなとみらいには無料で楽しめるおすすめの資料館や展示館がたくさんあるんですが、今回はその一つである「横浜税 ...

続きを見る

Google Map

横浜開港資料館は元々、英国総領事館だった建物でさながら古い洋館のようです。

建物を見るだけでもなんだか昔の横浜にタイムスリップしたような感覚になりますよ。

ちなみに日米和親条約はここで締結されたそうですよ。

入館料は大人200円、子供(小中学生)100円です。

土曜日は高校生以下無料になるようです。

さっそくチケット買って入館です。

開港資料館の中は・・・残念ながら撮影禁止(T_T)

そのためここからは私のつたない言葉だけで中の様子を想像しながらご覧ください。

 

横浜開港資料館1階

開港資料館の中に入ると巨大な銅製!?のような地球儀があります。

(画像引用:https://www.welcome.city.yokohama.jp/spot/details.php?bbid=60

その地球儀の周辺には幕末の動乱期から日本の開国までの歴史とそれに関わる横浜の様子がパネルで説明されています。

開港間もない横浜を描いた錦絵、地図、写真などが展示されていて、横浜の歴史を知る上では欠かせない場所となっています。

私も横浜に住んでもう10年以上になりますが、まだまだ知らないことが多く、勉強になりました。

 

特に幕末好きにはたまらないと思いますよ(笑)

私がそうでしたから。

 

横浜開港資料館2階

資料館2階には幕末からの横浜の様子が古い写真や模型として展示されています。

元町や中華街などの昔の様子が紹介されていて、まさにタイムスリップしたような感覚になりました。

 

そのほか2階には企画展示を行っているコーナーがあり、私が訪れた際には横浜市庁舎の歴史を特集していました。

※ここだけ写真撮影OKでした。

私も知らなかったんですがいま北仲通地区に建設中の横浜市の新市庁舎は9代目となるそうで、歴代の横浜市庁舎が紹介されていました。

北仲通地区に建設中の横浜市・新市庁舎の開発・建設状況は?いつから利用できるの?

北仲通地区に建設中の横浜市・新市庁舎の開発・建設状況は?いつから利用できるの? 現在絶賛再開発中の北仲通地区に建設中の横浜市の新市庁舎。 すでに建物の外観はほとんど完成していて、「あの建物はなんだろう ...

続きを見る

 

まとめ

横浜の歴史を知る上で欠かせない観光スポットである横浜開港資料館を紹介しました。

横浜市内に住む人は子連れで訪れても楽しめる文化的施設になっていますよ。

また資料館を出る大きな「たまくすの木」が迎えてくれます。

このたまくすの木はずーと横浜の歴史を見ているそうですよ。

なんだか歴史を感じますね。

ぜひ訪れてみてください!

  • この記事を書いた人

もんもん(夫)

30代会社員。
【職業】システムエンジニア
【住所】横浜市西区周辺
みなとみらいのマンションに住む30代男性会社員。みなとみらいの生活に憧れて念願のマンション購入。みなとみらいに住むってどうなの?そのリアルなみなとみらい事情を発信中!

【趣味】
ブログ、投資信託、みなとみらい散歩

-観光・エンタメ
-

Copyright© みなとみらいLIFEドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.