おすすめ記事 暮らし

管理人がみなとみらいに住むのを決めた10個の理由【みなとみらいの街の魅力を再発見】

おすすめ記事 開発・建設

横浜・みなとみらい周辺地区の再開発マップ~新スポット・新ビル・工事状況などまとめて紹介!

おすすめ記事 お知らせ 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい線馬車道駅直結の新たな商業施設「北仲ブリック&ホワイト」が開業予定!飲食店など19店舗

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい60・61街区「ニッサン パビリオン」の開発・建設状況について~2020年初夏に期間限定オープン予定!

おすすめ記事 開発・建設

みなとみらい47街区「コーエーテクモ本社・東急REIホテル・Zepp」の開発・建設状況について

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」・「横浜ベイコート倶楽部」の開発・建設状況について~みなとみらいに新たなホテルが誕生

おすすめ記事 開発・建設

みなとみらい20街区「パシフィコ横浜ノース」の開発・建設状況について~国内最大級のMICE施設が誕生!

おすすめ記事 開発・建設

みなとみらい・キングモール橋(歩行者デッキ)の開発・建設状況について

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい21地区58街区「横濱ゲートタワー」の開発・建設状況について

おすすめ記事 観光・エンタメ 開発・建設

みなとみらい21地区44街区「ウェスティンホテル横浜」の開発・建設状況について

観光・エンタメ

【横浜遺構探訪】旧税関事務所遺構~朽ちた煉瓦と茂る緑の共演にロマンを感じる場所

Pocket

【横浜遺構探訪】旧税関事務所遺構~朽ちた煉瓦と茂る緑の共演にロマンを感じる場所

横浜の遺構を巡る旅、今回は赤レンガパーク内にある旧税関事務所遺構です。

「旧税関事務所(右突堤中央事務所)」は、大正3年(1914)5月に建設され、船舶の係留、貨物の取扱い等の事務を行っていました。

レンガ造りスレートぶき、3階建てゴシック様式の美しい建物でしたが、関東大震災により倒壊し、基礎部分のみ現存する形になっています。

 

現在は赤レンガパーク内の花壇として再利用されています。

朽ちた煉瓦と生い茂る緑の共演は美しい廃墟のロマンを感じることができます。

今回は旧税関事務所遺構をレポートします。

旧税関事務所遺構

Google Map

■最寄り駅:みなとみらい線『日本大通り駅(県庁口)』から徒歩10分
JR根岸線線『桜木町駅(東口)』から徒歩17分
■営業時間:-

 

旧税関事務所は、明治後期から大正初期にかけて赤レンガ倉庫やハンマーヘッドクレーンなどと共に新港ふ頭に作られた港湾施設の一つです。

レンガ造りスレートぶき、3階建てゴシック様式の美しい建物で、竣工時にはガラス張りの天井ホールがあり、ガス暖房や白熱電灯も備えられるなど、当時としては最新鋭の建築でした。

ほんとこの時代のレンガ造りの建物は美しいですよね。

明治・大正時代のロマンというか、古き良き時代の象徴のような存在です。

 

しかし、大正12年(1923)9月1日に発生した関東大震災により、旧税関事務所も床や屋根が焼失してしまいます。

わずか9年という短い期間だけ建っていたことになります。

 

そしてその後は復旧されることなく、埋め戻され、荷さばき用地として使われていましたが、赤レンガパークの整備の際に基礎部分の遺構が発見され、現在は赤レンガパーク内の花壇として利用されています。

レンガ造りの基礎部分を花壇に利用するなんて、すごい発想ですよね。

実際、朽ちた煉瓦と生い茂る緑の共演は素晴らしいです。

実際に旧税関事務所遺構を見てきた

旧税関事務所遺構は赤レンガパーク内の線路跡がある近くにあります。

近くには旧横浜港駅のプラットホーム跡も残っています。

【横浜遺構探訪】旧横浜港駅のプラットホーム跡~哀愁感と賑わいが交錯する場所で

【横浜遺構探訪】旧横浜港駅のプラットホーム跡~哀愁感と賑わいが交錯する場所で 横浜の遺構を巡る旅、今回は旧横浜港駅のプラットホーム跡です。 「旧横浜港駅」は、明治44年(1911年)に横浜税関構内の荷 ...

続きを見る

 

赤レンガパークと言えば赤レンガ倉庫と併せてみなとみらいでも有名な賑わいスポットですが、そこに突然ぽつんと旧税関事務所遺構は存在しています。

RPGのゲーム世界でしか見たことのないような光景が目の前に広がります。

朽ちた煉瓦と生い茂る緑の共演がなんとも哀愁感の中にもすがすがしさを感じます。

ここに来てまっさきに思い浮かんだのが芭蕉の句です。

 

夏草や兵どもが夢の跡

 

ちょっとこの遺構とは状況が違いますが、雰囲気はぴったりです。

当時、ここは夢を持つ若者たちで賑わっていたんだろうなということが想起されて、いまの美しい眺めにより一層の味わいが増してきます。

赤煉瓦ってなんでこんなにロマンがあるんでしょうか。

いまのコンクリートとは全然違った趣がありますよね。

 

こんなに明治大正期の歴史遺構を間近に感じられるのはなかなかないですよ。

ああ、こういう感じのマイホームほしいな・・・笑

 

まとめ

今回は赤れんがパークにある旧税関事務所遺構を訪ねました。

旧税関事務所遺構は、朽ちた赤煉瓦と生い茂る緑の共演が美しい歴史遺構でした。

明治大正期のロマンを感じたい方にはおすすめのスポットですね!!

 

ぜひ訪れてみてください。

  • この記事を書いた人

もんもん(夫)

30代会社員。
【職業】システムエンジニア
【住所】横浜市西区周辺
みなとみらいのマンションに住む30代男性会社員。みなとみらいの生活に憧れて念願のマンション購入。みなとみらいに住むってどうなの?そのリアルなみなとみらい事情を発信中!

【趣味】
ブログ、投資信託、みなとみらい散歩

-観光・エンタメ
-

Copyright© みなとみらいLIFEドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.